東大寺と大仏殿

   2017/11/03

スポンサーリンク

春日大社からさらに山に向かって上がっていくと
大きな山門がみえてきます。

東大寺南大門です。

実に大きくりっぱな山門です。

門の左右には二体の金剛力士像が鎮座しています。

左が阿形像であり右は吽形像、
向かい合う形で安置されています。

修学旅行の記憶がよみがえります。

確かこんな光景を見たような。

門の中に足を進めるとさらに眼前には東大寺大仏殿の
巨大な建物がみえてきます。

小学生だった自分の姿がだぶります。

それは大仏殿のなかに入るとさらにはっきりとしてきました。

巨大な大仏様が目の前にそびえています。

あの時の驚きがふたたび蘇ります。

スポンサーリンク

こんなに年月がたっても、大仏様は
変わらぬ姿で鎮座されています。

たぶん私が感じた感動と同じものを
私の子供も感じたのでしょう。

そういえば長男の修学旅行土産は大仏様のレリーフで
あったと思います。

改めて歴史の重みと今も変わらない荘厳さを
感じさせる大仏様の姿です。

小学生だった自分とまた違った意味で大仏様に
手を合わせ大仏殿を後にしました。

まだまだ東大寺の見所はたくさんありますが
残念ながら拝観終了の時間が近ずいてきました。

また奈良に来ようと決め足早に自転車の置いてある
奈良博物館に戻り、

自転車で奈良市役所に帰ることにします。

さあ!帰りは早いぞ。と

下り坂をがんがん自転車をとばすのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket