ヘブンズ園原 星空ナイトツアー 長野県阿智村で星を見たい・・・

   2019/09/30

スポンサーリンク

天空の楽園星空ナイトツアー2019!!

夜空を見ていて思うんですけど、

最近の夜空は月とわずかな明るい星々以外あまり
星の存在感が感じられないんですよね。

私の住んでいる田舎(でもないか?)でも
夜遅くても家々の窓からは明かりが漏れ、

常夜灯がともり幹線道路からは車の
ヘッドライトの明かりが行き交う。

とにかく明るいんです。

ペルセウス座流星群が流れる夜、

外に出て首が痛くなるほど粘っても一つも拝めず、
すごすごとまた家の中に戻る。

とにかく明るいんです。

ありがたいことです。

今の高気密・高断熱・二重サッシの外気から遮断され、

エアコンで快適に空調された家に住む我々は星空なんて
ほとんどの人は関心ないですかねえ・・。

人々の生活もすっかり夜型になり
スマホやオンラインゲームに興じる。

視線の先は上ではなく下向きなのです。

ずいぶん愚痴っぽくなってしまいましたが、
自分の子供のときはどうだったんだろう。

もう四半世紀以上も生きてきて

夜空もずいぶんと見てきたはずなのに本当の
星空って記憶にない。

もしほんとうにきれいな星空を見られるところが
あるならば、ぜひ行ってみたいものです。

そんなとき新聞の一面広告でみたのです。

「天空の楽園星空ナイトツアー2019」

スポンサーリンク

まさに今の私のニーズにぴったりの旅プランです。

目的の場所は長野県下伊那郡阿智村、

私の住む中部圏からそんなに遠い所ではありません。

阿智村の富士見台高原にある
ヘブンズ園原というのがその場所です。

阿智村というところは、環境庁が日本で一番星空の観測に
適した場所として認定した村なんだそうです。

そりゃ、2000m級の山にでも登れば
たいそうきれいな星空が拝めるんでしょうが、

そこまでの体力・気力を持ち合わせていない
私にとっては、まさに好都合な場所です。

そういう同じような事情なのか、もともと鄙びた温泉地が
今では星を見てみたい人たちで結構な賑わいを見せています。

富士見台高原のゴンドラで標高1400mのヘブンズ園原まで上がると、
そこには満天の星空と星をテーマに楽しいイベントが繰り広げられているのです。

これは興味深い。

さっそく予約をいれることにします。

ゴンドラは混雑を緩和するために完全予約制になっています。

阿智村や昼神温泉の宿では宿泊とゴンドラチケットを
セットにして予約を入れることができます。

まだ5月で、少々早いですがネットカレンダーで
9月6日に予約を入れることにしました。

にわかに現実味を帯びてきた

『本当の星空を見る』

実に楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket