岐阜にもあったモネの池

 

スポンサーリンク

パソコンを開けてyahooニュースの中にその池を見つけました。

透き通るような水の中に睡蓮の華、色とりどりの鯉が遊ぶ。

そこに掛かった小さな橋。名も無い人工池であるはずなのに
モネの池と呼ばれているらしい。

「ほんとだ!まるで絵画のように綺麗じゃないの。そう言えば
モネの絵の雰囲気ににてるなあ」

これってどこにあるんだ?

おお!岐阜県関市って近くじゃないの。

見てみたい 行くしかない

という訳で11月14日行ってみることに。

天気予報では完全雨の予報。

しかしあえて雨の日を選択しました。

なぜなら見物の人が沢山押し寄せていると思われるからです。

雨ならばそんなには見に来てないはずと予想してのことです。

関市といっても広いです。市町村合併で関市にはなりましたが、旧の板取村と
言われる場所です。

今でこそ良い道が出来て便利にはなりましたが岐阜市内からはたっぷり1時間はかかります。

山に囲まれ、板取川という清流が流れ鮎釣りで賑わう自然豊かな場所であるはずです。

昼食を済ませて家を出たのは午後1時、洞戸のやな場や板取のやな場を通り過ぎて
池に着いたのは2時でした。

雨は本格的に降っています。

駐車場は根道神社の境内に少しと国道を挟んだ反対側に少しと思ったとおり少ないです。

雨にも関わらずかなりの人が池を取り囲んでいます。

ちょうど境内の駐車場が空いたので運良く止めることが出来ました。

スポンサーリンク

水は湧水なのかかなり綺麗です。
CIMG1130
CIMG1135
けれども雨水が入り込むのか濁り気味のところも。
CIMG1123
鯉も睡蓮の葉の下に隠れてあまり顔を出しません。

足元もぬかるみ、残念ながらモネの池の雰囲気はイマイチ感じられません。

やっぱり天気が良く池に明るい日が差すほうが良いロケーションになるのでしょう。
CIMG1137
山の中の名も無い池 これ以外何もないところですがいつかもう一度良い天気に訪れて
絵画のような風景を写真に収めてみたいものです。

■ モネの池の場所
岐阜県関市板取下根道上448
近くには根道神社という小さな無人の神社があります。
他にはランの花を栽培されている花屋さんと一軒の喫茶店があります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket