石川・富山を巡る 3 富山の味覚「寿司栄」

   2016/12/02

スポンサーリンク

富山市街に入ったころには日もすっかり暮れ、少し涼しくなってきました。

時間は5時30分。

水族館を出てから1時間30分あまり、予定通り到着することができました。

予約の時間にはまだ充分余裕があるので、まずはホテルにチェックイン
することにします。

今日の宿泊は「ホテルプライム富山」というビジネスホテルです。

無料の朝食がついてシングルとツインの
2部屋で16800円一人頭5600円あまり。

格安です。

安いですが意外と設備も充実していて清潔です。

ただし駐車場の台数が少ないです。

すでにホテル駐車場は満車。

ちかくの契約駐車場に停めることに。

最大料金1200円。

富山駅近の繁華街の中のビジネスホテル。

まあ仕方ないでしょう。

窓からのぞく景色は立山連峰ならぬ街中のビル街(すべて了解済みです)

ここから「寿司栄 華やぎ店」へは30分もかからないはずです。

さっそく出かけることにしましょう。

近くのセブンイレブンで道草して予約の時間に店につきました。

華やぎ店は繁華街から少し離れた住宅街の中にあります。

カウンター9席・個室が4部屋ほどあるでしょうか。

夜の食事はすべて予約が必要です。

すでに半月ほど前にカウンター席を予約しておきました。

今日は満席のようです。

カウンターの中で「いらっしゃい」と威勢のいい声で迎えてくれる
大将と二人の板前さん。花柄の陶器の板の上にお寿司が乗るようです。

おまかせで握ってもらうことにします。

良いタイミングでお寿司がでてきます。

手元にある醤油はほとんど使いません。

寿司にあった塩やかんきつ類、白醤油などでアレンジされており、
そのまま口に頬張ると絶妙においしいです。

スポンサーリンク

大トロ・のどぐろの炙り・かにの内外子・地物のカツオ・などなど、
どれも鮮度よく今まで食べてきた寿司はなんだったんだという感じです。

品良く盛られた巻物と出し巻き卵、最後に大粒のしじみ汁がでて
締めくくりです。

ここまでがおまかせの一巡です。

旦那氏と娘は日本酒を汲みながら、私はていねいに入れられたお茶で
最後までおいしくいただきました。

板前さんからまだまだおいしいネタを用意してますよと声をかけて
いただきましたが、海ナシ県の我々は魚の名前も思いつかず、
次何にぎってもらおうかと迷っているだけに終わってしまいました。

まだ食べれそうな感じでしたが今日のところはこのへんにしておきましょう。

ごちそうさまでした。

富山市内に三店舗あります。店の雰囲気や価格帯もそれぞれ特徴があります。

寿司栄のHPで確認して自分のT・P・Oにあったお店をチョイスするといいと思います。

味はまちがいなくおいしいと思いますよ!

寿司栄 華やぎ店
富山市太郎丸西町2-7-1
電話 076-411-7717
営業時間
午後12:00~午後15:00
午後17:00~午後21:30
定休日  火曜日
その他
駐車場あり
店内禁煙
要予約
カード可

寿司栄 総曲輪店
富山市総曲輪2-8-22
電話 076-421-7035
営業時間
午前11:30~午後14:30
午後17:00~午後21:30
定休日  水曜日
その他
駐車場なし(無料駐車券進呈)
店内禁酒・禁煙
平日ランチあり
カード不可

寿司栄 掛尾店
富山市掛町85-1
電話 076-492-3555
営業時間
午前11:30~15:00
午後17:00~午後21:30
定休日 水曜日
その他 
駐車場あり
店内禁煙
平日ランチあり
カード可

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket