三日月宗近を訪ねて 東京旅行

   2015/09/06

スポンサーリンク

土方歳三資料館を後にした我が一行は来た道を引き返し立川の駅にもどってきました。

ここから今日の宿泊地である上野まで東横線で1時間ほどです。

上野は東京と東北方面を結ぶ主要駅です。

明日行く予定の東京国立博物館は上野駅と目と鼻の先にある上野公園の中にあります。

今日の宿泊先は駅近のビジネスホテル。

それにしても大した設備もなく素泊まりで15000円は高くないか?

私達の探し方が悪いのか、東京の物価が高いのか、それでも夏休み初日の
そのビジネスホテルは満室で、夜も更けて訪れたビジネスマンは宿泊を
断られておりました。

午前中は台風の影響で多少雨模様でしたが台風のそれた夕方はそこそこの
天気になってきました。

ホテルで落ち着いた後、夕食に上野駅近辺へ向かうことにしました。

先日ネットで見つけた上野精養軒3153店に行ってみることに。

この店はTBSのドラマで佐藤健演ずる「天皇の料理番」のモデルとなった
上野精養軒の姉妹店であります。

私達が訪れた時も期間限定企画として当時天皇に献上された料理の
リメイクコース料理が提供されてました。

コース料理にも心惹かれながら私はシーフードフライセット(1600円)を
娘はハンバーグセット(1520円)を注文どちらも肩肘張った料理でなく昔懐かしい
洋食のイメージ、しかし味は繊細で美味しかったです。

ウエイトレスさんに勧められたデザート 特にプリンは自家製でしっかりした
口溶けで美味しく 選んで正解でした。
CIMG0816
CIMG0818
暮れゆく上野の街を眺めながらの夕食はゆったりとした時を満喫出来ました。

上野公園内にある本店はどうか知りませんが駅チカのビルの一角にあるこの店は
観光客も手軽に立ち寄れる老舗の絶品洋食屋さんでありました。

さて一夜明けた7月19日 日曜日昨日の曇天が嘘のような快晴です。

ホテルを出た私達は朝食を取りに上野駅へ。

やっぱり駅チカのホテルは便利です。

駅に行けば朝早くても朝食にありつける場所が沢山あります。

パン屋のイートインでホットサンドとスープの朝食を済ませいよいよ博物館に
向かいます。

駅から歩いて10分ほどで博物館に到着です。

チケット売り場には早くも長い列ができています。

暑い日差しが照りつける中、人の迷惑顧みず日傘をさして30分ほど並びやっと開場。

スポンサーリンク

既に汗だく。

博物館の中の涼しさが身にしみます。

仮にも国立博物館ですので見たいものは山ほどありますがまずはお目当ての名刀
国宝「三日月宗近」の展示ブースへ。

開館と同時に入ったのですが既にかなりの列ができています。

7月20日までの限定展示のためか刀女子ブームのためかビックリしてしまいます。

ゆっくり見る暇はありません。それでも写真にも収め「これが噂の宗近か」
という感じです。

■ 三日月宗近
平安時代に作られた日本刀(太刀)で「天下五剣」の一つ、国宝に指定されている。
平安時代の刀工 三条宗近の作とされ名の由来の三日月は刀身に三日月形の
打除け(刃紋の一種)が多く見られることによる
刀身に鎬と反りの形式がある日本刀では最も古いとされ「天下五剣」の中でも
最も美しいとされている。
IMG_0003
それにしてもさすが国立博物館 展示の規模が違います。

普通に有名な作品類が置いてあります。

杉田玄白の解体新書、高村光雲の老猿、円山応挙の朝顔狗子図、歌川国芳の
猫の涼みなどなど。
CIMG0829
CIMG0831
CIMG0842
CIMG0844
ボランティアの方による浮世絵講座も聞きながら朝から閉館の18時まで
博物館三昧の一日となってしまいました。

しかしわが娘は大満足、都合三度ほど三日月宗近を観賞したのでありました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket