2016年 岐阜基地航空祭

   2016/11/28

スポンサーリンク

2016年 10月30日各務原の自衛隊基地で行われる
岐阜基地航空祭に行ってきました。
img_1407
全国的にも飛行機マニアには有名な航空祭です。

この航空祭へ行くのは今年で三度目です。

毎年名鉄電車で行くことにしています。

名鉄新岐阜駅までは車でそこからは各務原線に乗り三柿野駅で降ります。

いわゆるパーク&ライド方式です。

会場には一般の駐車場はありませんし、裏ワザでも知らない限り
車を停める場所はありません。

遠方から来る猛者たちも早朝4時5時から駐車場確保に奔走するそうです。

今年もブルーインパルスは来ません。

今年の目玉はアメリカ空軍のF-16ジェット戦闘機
(ファイティングファルコン)によるアクロ飛行と異種編隊飛行。

それと地上展示では日本発の開発中ステルス戦闘機X-2の公開です。

航空祭の醍醐味はとにかく近くで見ることです。

爆音を体感することです。

航空機を知らない人でもきっとざわざわ、どきどきしますよ。

会場内のシャトルバスで南会場に移動すれば芝の上にシートを広げて
見ることもできます。

たくさんの屋台も出ているので、から揚げやポテトを頬張りながら
空を見上げれます。

南会場は順光になるので写真撮影にも好都合です。

私ももっぱら最近は南会場に陣取っています。

ああ、なんかアナウンスが聞こえてきます。

ステルス戦闘機X-2は3時間から4時間待ちだそうです。

これは早々に諦めムードですね。

それでは飛行展示の航空機の数々をご覧ください。

スポンサーリンク

img_0931
img_0951
img_0961
img_0989
img_0990
img_1075
img_1083
img_1245
img_1277
img_1307
img_1381
img_1392
img_1402

平成28年11月中旬にかかみがはら航空宇宙科学博物館の収蔵庫がオープンします。

現在博物館本館はリニュアル工事中で閉館されていますがその代わりに
収蔵庫が公開されます。

目玉の展示は「飛燕」です。

日本に現存する唯一の三式戦闘機で修復作業中の姿のままに、
胴体・主翼・エンジンに分けて展示されます。

平成30年の博物館全館オープンまでの期間限定の展示です。

飛燕とは?

岐阜県各務原市で生産され世界に一機しかのこっていない
第二次世界大戦期に作られた戦闘機である。

川崎航空機工業(現川崎重工業)が開発・製造した日本唯一(当時)の
量産型液冷戦闘機で3000機以上が各務原で製造された。

日本の航空機産業を世界水準に押し上げた土井武夫(どい たけお)氏が
設計し、1941年に各務原飛行場で初飛行しました。

飛ぶ姿が燕のようだということから
この名がついたといわれています。

・・航空祭でもらったチラシを参考に書いています・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket