関市美山 ふれあいバザールの人気蕎麦を食す

 

スポンサーリンク

モネの池を後にして帰路につくことにします。

ちょうどお昼ご飯の時間なので美山町にある蕎麦屋さんに
いくことにします。

蕎麦屋さんといってもちょっと変わったお店です。

名前は「ふれあいバザール」といいます。
KIMG0138
お店の中に入ると地元でとれた産直野菜や特産品が並んでいて、
地元のおばちゃん達が店を切り盛りしています。

その野菜売り場の奥に10卓ほどのテーブルが置かれて、
お客さんが蕎麦をすすっています。

テーブルは満席で待ちのお客さんが野菜売り場にもあふれています。

せっかく来たので私達も待つことにしました。

待つ間にも「蕎麦売り切れ」の看板が掛けられました。

名前を書いてある人の分はあるそうです。

良かった!

30分ほど待ってやっと席につくことができました。

30分なら早い方でいつもの土日だと1時間以上待たなければ
ならないそうです。

メニューはほとんど蕎麦です。
KIMG0130
地元でとれた蕎麦を石臼で挽いて手打ちにして出しています。

スポンサーリンク

主人はかけそば定食、私は鴨そば定食をいただきました。

真冬で寒かったので温かい蕎麦を頼みましたが、
ざるそば定食を食べている人が多かったです。

もしかしてイチオシだったかも。

蕎麦は素朴な味わいで濃いめのだし汁がよくあいます。

鴨肉も臭みもなく蕎麦のかけ汁のよい風味になっています。
KIMG0135
KIMG0136
天ぷらは山菜中心でふきのとうと長芋ぐらいしか
わかりませんでしたがサクサクに揚がっておいしかったです。

桑の木豆ごはんももちもちでおいしかったです。

ちなみに桑の木豆とは美山地方の特産で桑の木につるを這わせて
自生するので桑の木豆と言われるようです。

私も初めて食べる味でした。

混雑してましたがここまできたら少々待っても食べる価値ありの
地元色満載の蕎麦屋さんでありました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket