メジロ牧場 白の血脈 その5

 

スポンサーリンク

オーロラの62ことメジロマックイーンは
条件戦である嵐山特別を2着したあと、
菊花賞に駒をすすめてきたのでした。

そして遅咲きのステイヤーはいよいよ
開花をはじめたのです。

1991年4月京都競馬場、北野豊吉氏の写真を
握り締めたミヤさんの姿がありました。

その日はメジロ牧場にとって特別な日でした。

メジロマックイーンの天皇賞春挑戦の日であるのです。

メジロマックイーン
(父メジロティターン 母メジロオーロラ)

豊吉氏が守りつないできた、
その血が新たな挑戦の時をむかえたのです。

スポンサーリンク

勝てば父子三代の天皇賞制覇という史上初
の快挙となるのでした。

メジロの関係者が見守る中、マックイーンは
先行し抜け出すという危なげないレースで快勝して
みせたのです。

この瞬間、豊吉氏の悲願、メジロ牧場の大命題、
そして白の血脈が完結したのでした。

マックイーンは1992年春の天皇賞も連覇し、
その後も長距離戦に無類の強さを発揮し
1993年に引退するまで日本競馬界を支える
アイドルホースで有り続けました。

育成では全く目立たなかったオーロラの62は
大器晩成の血脈通りの花を咲かせたのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket