ステイゴールド 1

 

スポンサーリンク

競争馬として両親から受け継ぐのは
優れた競争能力ばかりではありません。

その気性をももらいます。

競争馬にとって激しい気性は旺盛な
闘争心の現れであって、
愛玩用のペットと違い
後世への淘汰の対象にはなりません。

良い方向に働けば優れた名馬を世に送り出す
アイテムにもなりうるのです。

今や日本の名種牡馬としての地位を
固めつつあるステイゴールドもそんな激しい
気性の持ち主です。

彼の血統背景は父サンデーサイレンス
、母ゴールデンサッシュです。

父サンデーからは優れたスピードと
瞬発力をもらい、母父であるディクタスからは
スタミナとパワーを期待できる配合となります。

しかしサンデーの父ヘイローは人を
噛み殺そうとしたほどの荒い気性であるし、

スポンサーリンク

母ウィッシングウェルもまた
狂気をはらんだ馬であったといいます。

種牡馬としては超一流のサンデーも察して
知るべしの気性だったといいます。

母父であるディクタスも荒い気性の持ち主で
母の全兄にあたる快速の名馬サッカーボーイにも
その気性が顕著にでていたと言います。

両親から狂気の気性を受け継いだステイゴールド。
池江泰郎調教師の息子である泰寿氏に
「肉やったら食うんでないか」と
言わしめるほどの激しさがあったようです。

人や馬に威嚇したり噛み付きにいったり
騎手をふりおとしたり騎手を乗せたまま
立ち上がったり厩務員の山元さんは
そんなステイゴールドを自分が一番偉いと思っている。

自分のルールを絶対に曲げないと評している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket