名刀が見られる関鍛冶伝承館|我が家流 刀剣乱舞 3

 

スポンサーリンク

刀匠や技能士さんの技を見たあとは展示室で名刀の数々を鑑賞です。
CIMG0769
刀ラブでいう歌仙兼定や和泉守兼定の親戚とも言うべき代々の兼元・兼定の
作品や(娘曰く刀ラブのキャラクターは初期の兼定の作品であるらしい)
CIMG0787
CIMG0788
刀の他にも重要文化財指定の刀剣、美術的価値のある刀剣が沢山展示されています。
CIMG0784
CIMG0786
CIMG0780
CIMG0782 CIMG0783
なんといってもここは二代目兼定(関の孫六)ゆかりの地であるのですから。

スポンサーリンク

さらに2階展示室には珍しいナイフなどの展示もありとても興味深いです。

こんな盛りだくさんの内容なのになんと入館料は無料
(普段は200円ですが一般公開日は無料なのです。勿論駐車場も無料です)

小規模な展示資料館ではありますがアットホームな感じで気軽に質問にも応じてくださいますよ。

なかでも「古式日本刀鍛錬」の解説を担当していらした吉田 研さん
(刀銘 劔 兼久)は加治田刀剣という工房を持つ刀匠さんで関観光大使も
兼ねておられ、「刀剣女子」の存在もご存知でそういった刀剣に興味を持つ
女子の方々にもより詳しくわかりやすい説明や体験を自分の工房で提供して
みえるそうです。

帰り際にその内容の書かれたチラシをいただけました。

詳しくは加治田刀剣のホームページを参照してみてください。

もちろん刀女子ばかりでなく、私達のようなにわか刀ファンも大歓迎という
感じでした。

とにかくいきなり世の中のしかも女性達に脚光を浴びてきたこのブームにひどく
気をよくして見えるようでした。

東海地方の皆さん、せっかく身近にブームの発信地があるのですから
一度「関鍛冶伝承館」覗いてみてはいかがでしょう

■ 加治田刀剣のチラシ
kaji2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket