ヒカルイマイ  サラ系の名馬 その1

   2014/10/31

スポンサーリンク

ちょうどトウメイが天皇賞と有馬記念を勝った
1971年同じシプリアニを父にもつ牡馬が皐月賞、
日本ダービーを制覇し二冠馬となった。

その馬の名前はヒカルイマイという。

ヒカルイマイの生産者は中田次作さん。

中田さんの家は農家で田んぼで米を作りながら
片手間に馬を飼っていた。

そんな環境に生まれたのがヒカルイマイであった。

牧場ではないので放牧場もなく、いつも彼は
家の裏の沢に放され、たいしてかまわれること
もなく育っていきます。

競争馬としての慣らし訓練もされることなく
野性味豊かに育った彼の気性は荒々しいものが
あったといいます。

彼の血統の特徴として挙げられるのは、
彼の母系の血です。

彼の母セイシュンは地方で4戦しましたが
一度も勝ったことがなく平凡な馬に
過ぎませんでした。

スポンサーリンク

さらに母の血統を遡ると5代母に
ミラという血統書のない牝馬に
たどりつきます。

サラブレッドは血統をもとにより速く
走ることだけを目的に人間が改良を
重ねてきた生き物です。

血統がわからないということは
その馬が競争馬として生きていく為に
致命的なハンデであります。

こうしてヒカルイマイはサラブレッドではなく
サラブレッド系という烙印を背負って生きて
いくことになるのです。

そんな事情から2歳のセリ市でも買い手がつかず、
廃馬にするため迎えのトラックが中田家に到着する日に
ようやく鞆岡達雄氏によって購買を申し出られたのです。

購買価格は200万円

しかもヒカルイマイの肋骨が一本陥没していることで
50万円差し引き、残金は競争馬になった時に
ということで75万円のみが中田さんに支払われたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket