ステイゴールド 3

 

スポンサーリンク

目黒記念でようやく重賞をとったものの

その年5戦したステイゴールドは相変わらず
低迷していました。

しかし人気の方はDreamHurses2000という
名馬選定企画において

G1未勝利馬の中で最上位の34位に選ばれています。

年が明けて2度目の重賞を勝った彼は僚馬の
トゥザヴィクトリーとともに

ドバイシーマクラッシック(G2)という
海外レースに遠征し人気薄ながら

ファンタスティックライト(前年のワールドシリーズ王者)
などを破り優勝します。

サンデーサイレンス産駒にとって

国際重賞競争初制覇であり、ステイゴールドにとっても
最初の大きな仕事をやってのけたのでした。

海外での大仕事を終えて帰国した彼でしたが、

国内のレースでは気の悪さが出て失格や凡走
を繰り返し、

国内最終戦となったジャパンカップでは左にささる
悪癖を矯正するべく、

ハミを替えたり左眼だけブリンカーを装着するなど、

真っ直ぐ走ることには成功するも優勝することはできず
国内での戦いを終えることとなってしまった。

スポンサーリンク

ところがどっこいステイゴールドはまだ死んでいなかった。

彼にとって50戦目となる引退レースは香港に設定
されていたのである。

香港ヴァーズ(G1)これが彼に残された唯一の
G1制覇のチャンスでした。

このレースで彼はエクラール以下を抑え見事に
G1初制覇を果たすとともに

日本の厩舎に所属する日本産馬初めての
国外国際G1レース初制覇の快挙となったのです。

まさに絵に書いたようなドラマチックな幕引きに

池江調教師は

「お前、よくわからん奴やったけどやる時はやるなあ」と
その労をねぎらったそうである。

この勝利を評価され当年国内においてJRA賞特別賞を
授与されるとともに、

生涯G1出走回数20

重賞連続出走回数36は共にJRA記録となった。

こうして2002年1月ファンに惜しまれつつ
引退したのである。

当初引退式の予定はなかったもののファンの強い希望と
JRAの要請を受け京都競馬場において盛大に
行われたそうである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket