マキノプリテンダー 3

 

スポンサーリンク

その後、東大の牧場には、

茨城産で芦毛初のダービー馬となったウイナーズサークルと

現役時代、巨漢のスプリンターでならしたヒシアケボノの
二頭の種牡馬が入りましたが、

2008年の11月にヒシアケボノが死亡、

人間で言えば60歳を超えたウイナーズサークルは

今後功労馬として、また牧場のシンボルとして
余生をすごすことになり種牡馬を引退。

スポンサーリンク

2009年から3年間ダンツシアトルが種牡馬として入りましたが、
(大井の三歳戦で勝利したトミサトキングを出しています)

すでに今は九州に移っています。

いつの日か東大農学部卒の競争馬が
マキノプリテンダーが果たせなかった

中央のクラッシック制覇の夢を叶えて欲しいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket