マキノプリテンダー 2

 

スポンサーリンク

こうしてマキノプリテンダーは東大農学部生産馬として
二頭目の皐月賞出走にこぎつけます。

ちょうどこの日が彼の誕生日でもあり、東大学生や
大学関係者がたくさん応援に詰めかけていました。

スタートが切られやがて向こう正面に差し掛かったとき、

馬群の中で一頭転倒。

馬群が去ったあと後に残されたのは前脚に重症を負った
マキノプリテンダーでした。

右中手骨開放骨折、

重度の骨折で予後不良、安楽死の処置がほどこされました。

愛馬の快走と無事を祈っていた関係者達の動揺は
察してあまりあるものがあります。

スポンサーリンク

小さな身体で、自分の能力には少し重すぎる皐月賞という
舞台を、それでも渾身の走りで戦った末路は最悪の
結果になってしまいました。

多分、小さな研究牧場育ちの彼は学生さん達をはじめとする
スタッフの愛情を目一杯受けていたのでしょう。

レースが続く中山の馬場を横切って彼のもとに走り寄る
中年の男性の姿があったそうです。
(EPAさんのHPを参考にさせていただきました)

僅か三歳の誕生日が、悲しいマキノプリテンダーの最後の
誕生日であり命日になってしまったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket